このページをアンテナに追加してみる。 日記RSSもあったりして。 Desined By ヤヱ@モノクロ饒舌シアタァ



 What's New??★日付クリックで詳細が見られます。

06/05/11(Thr) RSSフィードが変わりました。 
06/01/31(Tue) 2月3日、ネトラジやってみる。 
and more...

Diary最終更新時間  2007/10/23(Tue) 21:26:56  
2007/10/23 Tue
撃退したつもりだった。
とあるオフィス街のビルの植え込みに寄り掛かって、私は人待ちをしていた。
先方はまだ時間が掛かりそう。
喫茶店を探すも、見当たらず。
そして生憎手元にも暇を潰せるようなモノが無い。

なので、人の流れをぼんやりと眺め続け…所謂“マン・ウォッチング”をしながら時間をやり過ごす。
ある人は携帯片手に仕事の話をしながら通り過ぎ、あるグループは今夜の飲み会の予定を話し合いながら通り過ぎ…その中に1人、さっきからずっと視界を横切り続ける女性がいた。
黒いスーツを着崩したような格好、今時流行らない前髪ふくらみカール、そして金に近い茶髪と濃い化粧。
通りすがりの人々、片っ端から何かしら声を掛けてはスルーされ続けてる。

あぁ…キャッチセールスの人か。
そう理解するのに時間は掛からなかった。
彼女はしつこく、
あの〜、ちょっとお時間いいですかぁ〜??
と、妙に馴れ馴れしい口調で喋り掛け続けてる。

ボー…っと眺めていたら、彼女が一般的なキャッチセールスと比べて、遥かに粘着質なのが分かった。
これだけ人通りの多い所なんだし、スルーされたらすぐに次に行きそうな物だけど彼女はそんな事が無く…。
眉間に皺を寄せて断る人達を、更に執拗に追い掛け続ける。
30m位追い掛けて、やっと諦める…そんな感じ。
見ていてとても不快。
…頼むからこっちには来ないでくれよ…??

そんな私の願いも空しく、彼女は次のターゲットを“私”と決めたようだ。
うっかり目を合わせてしまったのがいけなかったのか…。
足早にこちらに向かってくる彼女を見止めた私は、足早に今までいた場所を後にする。
すみませ〜ん。ちょっとお話聞いて下さ〜い。
そう言いながら私の事を付け回す彼女。
私は、背中で拒否しながら無言で早足で歩く。
しかし、いつまで経っても彼女は付いてくる。
あの、不快な猫撫で声を出しながら。

私は決して優しくない。どちらかと言えば“喧嘩っ早い”性格。
ただでさえ予定を狂わされた事に腹が立つのに、その彼女の粘着振りにとうとうキレた。
不意打ちでくるりと向き直り、彼女の鳩尾に一発くれてやろう…そんな事を考え、そして実行した。










どごっっ痛ぇぇぇっ!!<我が彼・N氏の声











余りにもリアルな拳の感触で目を覚ますと、目の前には背中…背骨のど真ん中を押さえて悶絶してる我が彼・N氏が。
そしてココは街中なんかじゃない、N氏の部屋。
そうだ、街中なんかじゃない。
私はN氏の家でお酒を飲んで、N氏と共にWベッドで横になっていた筈…。

はいそーです。
ワタクシ寝惚けて、夢の中でやろうとした事をリアルで実行しておりました。
夜中に何の前触れも無く、我が彼・N氏の背中、しかも背骨のど真ん中(所謂急所)に力任せに正拳突き
一体N氏が何をしたっつーねん。

咄嗟に状況を理解して、
ご、ごめん!!変な夢見てた!!
と謝罪&弁解したけどよ…ってか弁解の余地なんぞあるかっての。

ワタクシの嫁入り三つ道具…どうやら、
・箪笥
・鏡台
拘束具
となりそうな気配です。
ホントココまで来たらもぉ…文句言えません。(溜息)


山猫郵便局
Name
E-m@il
URL
Comment
送信前に確認画面表示 Yes No
確認コピーメールの配信 Yes No
  

About  BBS  Diary  3 1/2  Texts  Mobile  Link

不定期メルマガ【山猫草子】のご案内

日記裏話や日々のちょっとした出来事、ネタにする程でもないような雑文を不定期に発信していきます。
興味のある方は下記フォームよりメルアド登録ドウゾ。
★登録の際には必ず半角で記入して下さい。
■メールマガジン・アドレス登録
■メールマガジン・アドレス削除


Powered by melma!